<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
出産話
お祝いのコメントをいただいた皆様、どうもありがとうございます。

毎日が課題のような大変な日々を送っていますが、ふーちゃんのひとつひとつの仕草に癒されながら子育てを楽しんでいます。今のところ比較的よく寝てくれる子で、昨夜は5時間半ぶっとーしで寝てくれました☆ お蔭で私達の寝不足もちょっと解消されてこうやってブログをアップしております。

2009年11月22日撮影

d0049084_2242205.jpg


ところで、妊娠中はこっそりと非公開で記事を更新していました。
全て公開にしたので、ご興味がある方は右メニュー内のカテゴリー、「妊娠初期~ベイビー用品」の記事をご覧ください♪

それでは、前期破水から始まった出産話です。

出産前日 午前4時15分頃 
ポンッという音とともに破水。
病院に電話すると、とりあえず荷物を全て持って来院するように指示される。

午前5時半頃 
診察開始。
羊水のチェック、尿検査、血圧測定、赤ちゃんの心音をしばらく測定。

午前7頃 
特に問題がないとのことで一度家に帰される。

午後13時頃 
陣痛らしきもの開始。 20分から30分間隔。
まだ余裕。

午後17時頃 
10分間隔に。かなり痛い。

午後19時頃 
7、8分感覚に。ありえないくらい痛い。
病院へ電話すると「来ていい」言われたので向かう。

時間不明 
水中分娩用のバスタブに入る。
リラックスなんてできたもんじゃなく全く陣痛緩和の効果なし。

時間不明 
陣痛が1分半間隔に。意識が飛びそうなくらい痛い。
助産婦さんが子宮口をチェック。「3センチ」と言われ、あと7センチも開くのを待たないといけないかと思うと頭パニック状態に。無痛分娩を希望する。

時間不明(多分23時くらい) 
無痛分娩開始。
無痛最高!地獄から天国へ行けた気分 笑。

出産当日 午前2時頃 
子宮口チェック。3~4センチ。どうやら陣痛が弱まったらしい。

午前6時頃 
子宮口チェック。依然4センチ状態。

午前8時頃 
破水から長時間経過しているので、ベイビーの状態を詳しく検査する為ドクター登場。
器具を挿入されベイビーの頭から少量の血液採取。

午前9時頃 
子宮口チェック。依然4センチ。
ベイビーにとっては帝王切開がベストと提案される。迷いもなく承諾。

午前10時34分 
帝王切開にてふーちゃん誕生。
体重3720グラム 身長56センチのビッグベイビーでした。

帝王切開だったせいか、感動で泣いたりはしなかったけど、
産声を聞いた時はなんとも言えない感情が込み上げて来ました。
別室に移された直後に授乳開始。
母乳が出てたかどうかはわからないけど、一生懸命に吸うふーちゃんが心から愛しいと思いました。
窓から陽が差し込んでいて、空も祝福してくれているように思えて嬉しかった。

ただ、ここから退院までは本当に辛い日々だったのでした。。。
つづく。
[PR]
by petituk | 2009-11-22 22:49 | ・・・・・・出産
新到着~。
みなさま、ちょっとご無沙汰しておりました。

最近の私は夜も熟睡することもない、バタバタした生活を送っています。

実は先日、第一子となる男の子を出産しました。
そう、私はオカンとなりました~。

人生初めての子育て。あーだこーだと奮闘中です。
でも、それ以上に可愛い可愛い我が子との日々は本当に幸せです。♪

私の妊娠生活は臨月に入るまでは順調そのものでしたが、
臨月に入った途端に一晩入院したりするなど、最後の4週間は結構大変でした。
だけど旦那のサポートのお陰で無事出産できることができました。
むしろ、彼の方がいろんな面で大変だったと思います。
私の妊娠が発覚したと同時に、きっぱりと禁煙してくれました。
精神的に不安定だった時も常に穏和に接してくれ、本当に感謝です。
そして何よりも、私たちを親と選び健康に生まれてきてくれた息子、
この上ない幸せを与えてくれて本当に本当にありがとう、の気持ちで一杯です。
いつまでも健康で、思いやりがあって、常に感謝の気持ちを持った子に育ってほしいです。

出産は、破水(ほぼ全量)→水中分娩→無痛分娩→帝王切開 のフルコースでした。
NHS(イギリス国営病院)なので全て無料。よかったイギリスで・・・笑。
陣痛は私にとっては想像をはるかに超えるもので耐えることができませんでした。
自然分娩で出産した先輩ママ方、スゴすぎです。もう尊敬、尊敬です。

では、今は産後の回復に専念し体力がもどったらブログもぼちぼち復帰したいと思います。

はじめまして、息子のふーちゃんです。
d0049084_1115261.jpg


「よろしくお願いします。」

***「ふーちゃん」とは、妊娠中に名づけたニックネームです。
ブログ上ではこの名前を使っていきたいと思います。
[PR]
by petituk | 2009-11-18 01:14