「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:・・・・・・健診/両親学級( 11 )
助産婦さんとの39週目健診
39週目になった今日、14時から助産婦さんとの健診がありました。
先週の健診と同じふたりの助産婦さんでした。
(どうやらひとりはまだ新米っぽい)

尿=異常なし
血圧=98/62
子宮底長=36センチで前回と変わりなし
心拍数=120~130

最初、新米らしき助産婦さんが触診をして、次にベテラン助産婦さんが触診したところ、「Engaged」していて、いつ陣痛が始まってももおかしくないそう☆
Engagedというのは日本語で、「頭が骨盤に入った状態」という意味だと思います。

今日の健診が最後になるかも?!
[PR]
by petituk | 2009-10-30 02:19 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんとの38週目健診
38週目になった昨日は助産婦さんとの健診の日でもありました。
今回は二人の助産婦さんがいて、どちらも初対面でした。
名前は忘れちゃったけど、ふたりともいい人でした。

尿は正常。

血圧は 98/58
「ちょっと低めだけど、高いよりは全然いいのよ~。」と助産婦さん。

ふーちゃんの心拍数は 140~153 
ちょっと高め??と思ったけど、助産婦さんは「ラブリー!」って言ってました。

子宮底長は36センチ

触診によると、骨盤にはまだそんなに入っていない様子。

こんな感じで健診終了。

次は一週間後に来るように言われました。
[PR]
by petituk | 2009-10-23 02:17 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんとの34週目健診
24日(木)の午後3時から助産婦さんとの健診でした。
今回も、前回と同じ助産婦さんでした。

血圧は 100/64 と相変わらず低め。
尿検査は数値には特に問題はなかったようだけど、色が濃かったので十分に水分を摂ってるか聞かれました。それなりに摂ってるつもりなんだけどねぇ。。。

次にお腹を触診され、ふーちゃんの頭はきちんと下で 「ビューティフルな位置」 だそうです 笑。
私は未だに触っても何がどの位置だかさっぱりわかりません。
上の方で足の動きらしきものを感じるから、頭が下なんだろうな~って思える程度です。

そして最後は心音チェック。
胎動で元気に育ってるとわかるとは言え、やっぱり心音を聞くと更に安心します。
今回も元気な心音を聞けて嬉しかったです。
今度は旦那に聞かせるために録音しようかなー。

てな風に健診終了~。

あ、また子宮底長は測ってもらわなかったなー。
でもノートには33センチって記入されていました。 
この助産婦さんは目測主義のようです。
[PR]
by petituk | 2009-09-26 06:43 | ・・・・・・健診/両親学級
両親学級に参加 【陣痛~お産に関するクラス】
うちの地区では、33週から37週の間にふたつの両親学級を受けるシステムとなっています。
そのふたつと言うのは、①陣痛~お産に関するクラスと、②母乳のクラス。
①は毎週月曜日と水曜日、②は毎週木曜日に出産する病院で行われています。
夕方6時30分開始で、予約の必要はありません。

旦那が23日の水曜日に仕事をお休みをとったので、早速①のクラスに行ってきました。
私たちのほか、11組ほどが来ていました。

担当の助産婦さんはリズさんといって、とっても話がおもしろくって3時間という長いクラスだったけど全然飽きなかったです。最初は「寝てしまうかも・・・」って言ってた旦那も眠気は吹っ飛び楽しそうに話を聞いていました。

クラスの内容は・・・

陣痛とはどういうものか
陣痛が始まったらどうするべきか
もし陣痛より先に破水した場合の注意点
陣痛の苦しむを和らげる為に自分または旦那(パートナー)ができること
病院に行くタイミング
病院の分娩棟の案内
各出産方法の説明
胎盤におさまった際の赤ちゃんの理想的な姿勢/そうなりやすくなる母親の座り方の指導

など内容たっぷり。

出産方法ですが、この病院では水中出産を強く推奨しているようです。
NHS(国営病院)での出産費用は一切無料なイギリス。
何かで読んだことがあるけど、コストを削減するために水中出産は理想的な方法のようです。
もちろん、リズさんはそんな事は言いませんがー。

リズさん曰くの水中出産のメリットは:

分娩時間が比較的短い。(=人件費削減に繋がるもんね。)
麻酔薬などを使わず陣痛を和らげる効果 (=コストはお湯代のみだもんね。)
ずっと羊水の中にいた赤ちゃんにとって、水中に生まれることはクッションになる。

などでした。

反対に無痛分娩に対してはデメリットしか説明してもらえませんでした。
(そりゃあ、無痛分娩ってコストかかるもんねえ。)

分娩が長引く。
出血が多くなる傾向がある
感覚が弱ってるため、いきむ力がはいらず吸引して出す例が多い。
そしてその吸引は赤ちゃんによくない。

等など。

なんだか、「できれば無痛はやめてね~」的な意図が見え見えでした。
元々無痛分娩に対して反対派の旦那はますます反対に(涙)。
つーか、苦しむのは私なのにねえ。

ただ同じ病院で水中出産した友達がいるけど、彼女は絶賛していたので水中もとりあえず候補として残しておこうと思います。リズさん曰く、水中>無痛に切り替えることは可能みたいだし。(ただし、子宮口の開きが5センチ以上になると無痛はX)

こんな感じで出産は着実に近づいています。
[PR]
by petituk | 2009-09-25 06:52 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんとの31週健診
9月3日は妊娠31週目になった日でもあり、健診の日でもありました。

いつものように@GPです。
アポは14時だったので時間きっかりに行ったら、受付の人から「助産婦さん、まだ来ていないからちょっと待ってて。」と言われました。イギリスらしいね(笑)。15分ほど送れて助産婦さんが到着。

今回は、ジャンさんという人。体格のいいおっかさん!って感じの人でした。
体調を聞かれたのでたまに息苦しいということを伝えると、「あなたは背が低いからね。スペースが少ない分、子宮が内臓を圧迫するから仕方ないわね。私も背が低いから辛いのはよくわかるわ~。」って言ってくれました。ちょっと心強くなりました。

血圧は、103/70 でした。ジャンさんは「Good」って言ってくれたけど、上と下の差が少ない気がするのは私だけ?

次に尿検査をしたら、「今日、朝ごはんとお昼ごはんはきちんと食べた?」と聞かれました。どうやら、いろんな数値がマイナスだったようです。実は、「健診の朝にフルーツジュースを飲んだせいか、尿に糖が出た。」 という内容の記事をいろんな人のブログで読んだので、この日の朝ごはんは糖分と量を控えめにしたのです。それが裏目に出るとは ><
「あなたは全然太ってないから、もっともっと食べていいからねー」って言われました。
そりゃー、イギリス人に比べたら太ってないかもだけど。。。。
私、すでに10キロ以上増なんだけどね。。。。
ま、日本みたいに体重制限が厳しいよりはプレッシャーが軽くていいです♪

次は診察台に寝て、私のお腹チェック。きちんと頭が下にあるようです。
そして毎回の楽しみ、心音チェックです。今回もふーちゃんの元気な心音が聞けて幸せな気分になりました。ジャンさんはタイマーを片手に心音数を計っていました。「Very good!」と言ってもらえて安心☆

以上で今日の健診終了~。
次は3週間後の9月24日です。

そういえば、子宮底長のサイズは測ってもらわなかったな。ジャンさんから見て、私のお腹は平均サイズで測る必要はないと判断したのかもね。それはそれでいいんだけど、妊婦ノートの健診記録には「30センチ」と記入されてるし。いい加減だなー(苦笑)。
[PR]
by petituk | 2009-09-06 06:22 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんとの28週健診 & 血液検査
昨日は助産婦さんとの28週目健診がありました。
いつものように木曜日の午後@GPです。

今回もまた違う助産婦さんで、キャロラインさんという人でした。
彼女もとってもフレンドリーで、優しい人でした。
私より若いと思うんだけど、かなりのベテランな感じ。

まず血圧測定。 上が98、下が58。
尿検査も全く問題なくって、「Very healthy!」って褒めてもらえました♪

そして診察台に寝てから、キャロラインさんが私のお腹をちょこちょこって触って、
「ちゃんと頭が下で落ち着いているわね。」って教えてくれました。
私が触っても、頭が下か上なんて全く分からないけど、
やっぱり助産婦さんには分かるんだねー。 スゴイ!

そして今回は初めておへそのずっと下のあたりから、胸のすぐ下までの長さを測りました。
29センチ。
キャロラインさんは、親指を立てながら 「パーフェクト!」 って。
日本の妊婦さんに比べたら、私のお腹はかなり大きいと思うんだけど、
この国では平均サイズのようです。。。

そして、ふーちゃんの心音チェックです。
元気な、元気な心音を聞けました♪

最後にHealth in pregnancy grant といって、 
妊娠25週以降になると190ポンドが支給される制度があるんだけど、、
その申請用紙をキャロラインさんから貰いました。
よかったー、私はすっかり忘れかけてたよ!
申請してから、3ヵ月後くらいに銀行口座に支給されるそうです。
ふーちゃんが生まれる頃だね。
ふーちゃんの誕生祝いになりそうです☆

そして今朝の9時に、28週目の血液検査のため病院へ行って来ました。
結構な量な血液を摂られました。
何か問題があったら連絡があるそうです。
つまり、連絡がない=問題なし。
連絡が来ませんよーに。


それにしても昨日と今日といい天気で暑いです。
[PR]
by petituk | 2009-08-15 06:23 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんとの24週目健診
午後1時くらいに会社を早退させてもらって、
2時30分から助産婦さんとの健診に行ってきました。

この日は旦那がお休みを取っていたので、
駅まで車で迎えに来てもらいました。楽ち~ん♪
本当は歩いた方がいいんだけどね。

2時20分くらいに着くと、すぐに健診が始まりました。
少し待つかと思っていたからビックリ。
そうしたら、助産婦さん曰く、私の前に2人予約が入っているのに、
2人とも連絡もなく来てないんだって。
・・・信じられない。。。
助産婦さんとの健診は、妊娠週できちんと決まっていて、
赤ちゃんの心音を聞いて、無事に育っているかどうか確認する大切なことなのにね。

今回の助産婦さんは、アナさんといって、
これまた素敵なイギリス人でした。
今のところ、4人の助産婦さんと会ったけど、
みんないい人ばかりなので安心です。
Kちゃん曰く、ジェーンさんと言って親日家の助産婦さんもいるらしい。
早く会ってみたいなあ。

今回の健診でも、血圧、尿検査ともに問題なく、
ふーちゃんの元気な心音も聞けました♪
あ、今回は体重を量りました。
すでに8キロ増です。。。 
そんなに食べていないのになんで???

アナさんからは、産休は遅くても1ヶ月前から取るようにとアドバイスされ、
あとは、ベッドから起き上がるときの体勢を指導されました。

次の健診は、28週目の時で8月13日(木)の2時半となりました。
あと28週目の時は、血液検査が再度必要らしく、
8月14日(金)の午前中に病院へも行くことになりました。
[PR]
by petituk | 2009-07-17 06:26 | ・・・・・・健診/両親学級
二回目の超音波健診 & 性別判明!
6月24日の午後4時から、出産する予定の病院で超音波検診がありました。

担当医はインド系のおじさん。
とってもフレンドリーで陽気な人でした。

一回目の時とは違って、
「これは脳、これは背骨・・・」とかいろいろ説明しくれました。
何も問題ないようで、サイズも全て平均のようで一安心♪

で、気になる性別は・・・・

男の子でした~。

みんながみんな、「女の子だと思う!」って予想してたけど、
ふーちゃん、見事に覆してくれましたね~(笑)。

ちなみに、先生が、「性別知りたい?」って聞く前に、
私はふーちゃんが男の子である証拠のモノを見つけちゃったよ。
足と足の間に。 笑

それにしても、ずっと女の子って思ってたから実感がわかないなー。
ごめんね、ふーちゃん。。。

あと、超音波の写真をもらったけど、イマイチはっきりとしない写真で残念。。。
日本でも病院へ行くからその時にもっといい写真がもらえるといいな~。

私とお腹のふーちゃんと二人、今晩の便に乗って日本です!
日本もこの週末からセールがどんどんと始まるみたいなので、
男の子の服を見るのが楽しみだな~。

さーて、名前も考えないと♪

2009年6月24日のロンドン近郊は、すっごいいい天気で気温も26度くらいありました。
[PR]
by petituk | 2009-06-25 20:28 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんとの19週目健診
会社を午後からお休みして、助産婦さんの健診を受けにGPへ行きました。
助産婦さんはふたりいて、ふたりとも綺麗で優しい人でした。

まずは、血圧の測定。 
相変わらず低めだけど、「Very Good」と言われました。
尿検査も異常なし。

次はふーちゃんの心音チェックです。
前回と同じく、
「赤ちゃんはまだ小さいから、心音をキャッチするのに時間がかかるかもしれない。」
と言われたんだけど、今回は本当に時間がかかった!
助産婦さんは、「心配することないからね!」
って言ってくれたかと思えば、その5秒後に、
「赤ちゃんの動きを感じたことある?」って聞いてきて、
めちゃくちゃ心配になりました。
最後には、膀胱を一杯にして子宮を圧迫するために、
大きなグラス一杯のお水を飲まされました。
すると、その効果テキメンでやっと心音が聞こえました。よかった~。
ふーちゃん、助産婦さんから、「Naughty Baby!」 って言われちゃったね~。
前はすぐに聞かせてくれたのにね。
この日はご機嫌斜めだったのかしらん。

次回の助産婦さんの健診は、7月16日です。
その前に、6月24日には超音波健診。
楽しみだな~♪
[PR]
by petituk | 2009-06-12 06:32 | ・・・・・・健診/両親学級
助産婦さんと初面談 妊娠16週目
朝の10時から、旦那と一緒に出産する予定の病院へ行って来ました。
助産婦さんとの面談です。
担当は、ティナさんというイギリス人女性。
とってもフレンドリーで優しい方でした♪

ティナさんの口ぶりでは、やっぱり私の助産婦さんとの面談アポが忘れられていたみたい。
この初面談は、普通は妊娠12週目の初スキャン前に行われるんだって。。。。
ま、いいんだけど。

ティナさんから、今後の大まかなスケジュールの説明などを受け、
血圧を測られました。
上が96、下が59。
「 Low and nice 」とティナさん微妙なコメント。
気になって、さっきネットで調べたら、
上が100〜130、 下が90〜60 が正常値だそうです。
やっぱり低血圧気味なのね、私。。。
思い起こせば高校生の時、学校に献血車が来て、献血した生徒には飲むヨーグルトが貰えるといううたい文句に惹かれ、張り切って献血を志願しました。献血の前に血圧を測られ、その後、何度も測り直され、おじいちゃんドクターにそっと手を握られ、「今日、本当に体調は大丈夫?ふらふらせーへん?立ってるのを我慢してへんか?」っと聞かれました。
「学校に来れてるのが不思議なくらい低すぎる。」だったそうです。
もちろん献血は断られました。
飲むヨーグルトが貰えないということがショックで半泣き状態だった私を見かね、おじいちゃんドクターはこっそりと飲むヨーグルトをくれた、という思い出があります。

血圧のことが長くなりましたが、次は尿摂取、血液摂取をしました。
血液検査は、B型肝炎やHIV感染などの検査だって。
初スキャンの時の血液検査はいったい何だったの???
ま、検査を忘れられるよりはいいんだけど。

そして、今度はふーちゃんの心音チェックです♡
ティナさんが、「赤ちゃんはまだ小さいから、心音をキャッチするまで時間がかかることもあるけど、心配しないでね。」 って言いながら聴音器を私のお腹にあてた2秒後くらいにはふーちゃんの心音が聞こえ始めました 笑。ティナさんから「 It`s nice and clear ! 」と言ってもらえた元気な心音で安心♡♡♡

こんな感じで初めての諸産婦さんとの健診は楽かったです。
[PR]
by petituk | 2009-05-25 06:34 | ・・・・・・健診/両親学級