高級シーフードレストラン
先日、東京本社からいらしていたお偉い方との会食に、急遽私も参加することになって行ったレストラン → コチラ

d0049084_0221949.jpg


感想: 二度と行くことはないだろうな〜 笑。

悪い理由だからではないんです。
本当に素敵なレストランでした。ちょっと ( どころではなく、かなり ) オーバーレートだな、と思いましたが、サービスもよく、雰囲気もよくて。
ただ、私のような庶民が行くレストランではなかったのです。
とりあえず、見える範囲の他のお客さんは、全て上流階級?な、平均年齢は60歳以上の人々。(*注)
その東京本社のお偉い方は、とても品のある紳士なので、このレストランに馴染んでいらっしゃってましたが、私を含んだ以下3名、完全に浮いていました 笑。
しかも、それなりのレストランへ行くんだったら、それなりに正装するのがマナーでしょうが、この日の私は完璧マナー違反だったし。。。 うぅ。。。 
言い訳: だって、その日に急に決まったし。。。
まあ、正装していたところで、庶民の私は浮くでしょうけどね。。。

食べた物ですが、せっかくだから、メインでロブスターを食べたいな〜♪って思ってたら、なんと時価!
思いきってその日の値段を聞いたら、£60 也〜〜。
椅子から落ちそうになりましたが、そのお偉い方から、「せっかくだからロブスターを食べて。」との、神とも思えるお言葉を頂き、遠慮という言葉を知らない私&Aさんはロブスターを注文。

£60の価値がある料理だったかどうかは、ノーコメントとして(笑)、上流階級者だらけなレストランでお食事はなかなか貴重な体験でよかったんではないかと。
それに、庶民な私たちにもレストランのスタッフはとても親切で、楽しいひと時を過ごす事ができました。

「感想: 二度と行くことはないだろうな〜」
とは書きましたが、60歳くらいになって、びしっと正装して行けたらいいな〜
って思います♪

(*注) 私たちが行った日の客層がたまたまそうだっただけかもしれません。
[PR]
by petituk | 2008-10-20 04:22 | ◆レストラン
<< お鍋の季節がやって来ました。 手作りパン 戦いその3 >>